2021/10/06

家にある不用品を処分しなければならない代表的な場面と言えば、引越しのときではないでしょうか?引越しのために荷物を整理していると、もう使わないので引越し先に持って行きたくないものがたくさん出てくることがあります。引越し前に使っていた家具や家電が、引越し先では使えないこともあります。不用品を処分するときには、できるだけお得な方法を選びたいものです。今回は引越しの不用品をお得に処分する方法について説明します。

 

引越し業者に回収を依頼する

引越しの際にほとんどの人がお世話になるのが引越し業者でしょう。引越し業者の中には、引越しの際に出る不用品の回収に対応している業者が多数あります。引越し業者を探すときには、ホームページなどを見て、不用品回収を行っているかどうかもチェックしましょう。引越し業者に不用品回収を頼めば、余計な荷物を新居に運び込む必要がありません。引越しと不用品処分がいっぺんにできるので、新居も速やかに片付けられます。1つの会社に引越しと不用品回収の両方を依頼すれば、別々の業者に依頼する場合と比べて、料金も安くなることがあります。場合によっては不用品を買取りしてもらえるケースもあるので、引越し料金を安く抑えられるかもしれません。

 

①サカイ引越センター

引越しの際には、エアコン、テレビ、冷蔵庫、洗濯機などのリサイクル家電が不要になることが多いでしょう。サカイ引越センターに引越しを頼んだ場合、不要になったリサイクル家電を有料で引き取ってもらえます。リサイクル家電以外の大型家具などは、原則として市町村の粗大ゴミ収集に出さなければなりません。ただし、委任状を書けば、不用品をサカイ引越センターが代理で処分してくれる地域もあります。サカイ引越センターでは、一部地域において、不用品の買取りにも対応しています。製造から5年以内の比較的新しい家電などは、見積もりの際に買取りの相談をしてみましょう。ブランド品や小型家電については、グループ会社で郵送買取りも受け付けています。

 

②アート引越センター

大手引越しセンターの1つであるアート引越センターですが、原則的に不用品回収は行っていません。引越しの際に出る不用品は、市町村の粗大ゴミ収集に申し込みして処分する必要があります。粗大ゴミ収集の方法は各市町村で異なりますが、事前に申し込みをした上で、ゴミ処理券の購入が必要になるのが一般的です。引越しの際に不用品も運ぶと無駄な出費となってしまいますので、引越し前に処分しておきましょう。なお、アート引越センターでは、テレビ、エアコン、冷蔵庫、洗濯機、乾燥機といったリサイクル家電を有料で回収してもらえる場合があります。引っ越し時にリサイクル家電の回収を希望する場合には、見積もり時に担当者に相談してみましょう。

 

③日通

日通と呼ばれる日本通運では宅配便事業も行っていますが、引越しも依頼できます。日通に頼んで引越しをする場合にも、原則的には自分で不用品を処分しなければなりません。市町村で粗大ゴミ収集の申し込みをし、早めに処分しておきましょう。日通で不要になった家具や家電の引き取りをしてもらいたい場合には、事前の相談が必要です。地域によっては引き取りに応じてもらえるでしょう。なお、不用品と言っても、生活ゴミは収集してもらえません。日通の不用品回収サービスは有料になり、粗大ゴミ収集よりは高くなります。ただし、引越し費用が安くすめば、不用品回収で費用がかかってもお得になることがあります。他の処分方法と比較しながら検討しましょう。

 

量が多い場合は事前に不用品回収業者に依頼

引越しの際の不用品は、引越し業者に回収してもらうこともできます。しかし、引越し業者では積極的に不用品回収を行っているわけではありません。回収してもらえる品目も、リサイクル家電などに限られるケースが多くなっています。引越しの際に大量の不用品が出るようなら、不用品回収業者に依頼した方がよいでしょう。不用品回収業者なら、たいていのものは回収してもらえます。まとめて回収してもらえば料金もお得になるのが一般的です。

 

不用品回収ならエコピットにお任せ

引越しのときにはいろいろな不用品が出ることと思います。不用品の処分には民間の不用品回収業者を利用するのがおすすめです。エコピットでは、不用品をスピーディーに回収いたします。家具や家電1点からでもOK、たくさん不用品がある場合にはまとめてお引き取りします。大型の家具等の解体や搬出にも対応しますのでご安心ください。忙しい引越し前後、手間のかかる不用品の処分はエコピットにまかせて、時間を有効活用しましょう。