2022/08/17

ごみ屋敷の片付けには、想像以上に時間や労力がかかります。ごみ屋敷と言っても、捨てるものばかりではないでしょう。ごみ屋敷を片付けるときには、処分する物ととっておく物を分別する作業が必要になります。物が多ければ、分別だけでも大変な時間がかかってしまい、なかなか終わりが見えません。自分たちだけで片付けるよりも、専門の業者に依頼した方が効率的です。今回はごみ屋敷の片付け方について説明しますので、参考にしてください。

 

ごみ屋敷になってしまう人の心理

家をごみ屋敷にしてしまう人は、何パターンかに分かれます。1つは、捨てるのがもったいないという気持ちが強い人です。このパターンの人は、「今使わなくてもいつか使うかもしれない」と考えて、物を捨てられません。買い物依存症で物が増えてしまうパターンもあります。物を捨てる先から物がどんどん増えるので、家がごみ屋敷となってしまうのです。孤独感を抱えている人も、家をごみ屋敷にしてしまうことがあります。このパターンの人は、心の隙間をごみで埋めているのです。強いストレスなどからセルフ・ネグレクトという無気力状態になってしまった人も、ごみをため込みがちです。身の周りのことに興味がなくなり、ごみも気にならなくなるのです。

 

実は女性の方が多い

ごみ屋敷と聞くと、だらしない男性が住んでいるイメージを持つかもしれません。ごみ屋敷の住人の多くは女性です。仕事ができてキャリアのある女性の部屋がごみ屋敷になっていることも珍しくありません。忙しい女性の場合、家に帰ると疲れて何もできず、片付けられないことがあります。買い物依存症になるのも、女性の方が多くなっています。ストレス解消のためにどんどん買い物をし、家の中が片付けられずにごみ屋敷化してしまうのです。

 

ごみ屋敷の料金相場

ごみ屋敷の問題を自分だけで解決するのは困難です。そもそも、自分で片付けられる人なら、家はごみ屋敷になっていないでしょう。まずは、誰かに手伝ってもらって片付けをすることが必要です。その後、家を再びごみ屋敷にしないよう、根本的な原因にアプローチしなければなりません。片付けを家族に手伝ってもらう方法もありますが、慣れない作業に時間がかかってしまいます。ごみ屋敷の片付けは、専門の業者に依頼しましょう。ごみを分別し、不要なものは回収してくれます。ごみ屋敷の片付けにかかる料金は、数万円から数十万円です。金額は家の広さやごみの量によって大きく変わります。事前に複数社に見積もりをしてもらい、比較してみるとよいでしょう。

 

ごみ回収にかかる時間

ごみ屋敷を自分たちだけで片付けようとすると、1日では終わりません。数日かかっても、終わらないことがあります。また、ごみ屋敷から出たごみは、回収してもらわなければなりません。自治体では、一度に大量のごみを出すと回収してくれないのが通常です。ごみを何度かに分けて出さなければならず、非常に手間がかかってしまいます。結局、ごみ屋敷をきれいにするには、何日もかかってしまうのです。ごみ屋敷の片付けを専門の業者に依頼した場合、1日できれいになることも多くなっています。片付けのプロが作業すれば、あっという間にごみの分別が完了します。不要になったものは業者に回収してもらえるので、自分でごみを出す必要がありません。

 

回収後の清掃も重要

ごみ屋敷の片付けは、ごみを分別し、搬出・回収して終わりではありません。ごみを搬出した後には、家の清掃が必要になります。ごみをため込んでいた家は、思った以上に汚れているものです。床や壁にカビが生えていることもあるでしょう。生ごみを放置していた場合などには、悪臭が漂っていることもあります。害虫が発生していれば、害虫の駆除も行わなければなりません。ごみ回収が終わった後には、家の清掃をし、快適に暮らせる環境を取り戻す必要があります。ごみ屋敷の片付けを専門の業者に依頼した場合には、ごみ回収後の清掃も任せられます。汚れや悪臭の除去、害虫の駆除なども、プロのノウハウをいかしながら、スピーディーに行ってくれます。

 

ごみ屋敷でお困りならエコピットにお任せください

家がひとたびごみ屋敷になってしまうと、時間とともにどんどん状況が悪化します。自分たちで片付けようとしても、どこから手を付けてよいかわからないでしょう。ごみ屋敷の片付けは、思い立ったらすぐにプロの業者に任せてしまうのがおすすめです。エコピットでは、経験豊富なスタッフが、ごみ屋敷をスピーディーに片付けます。ごみを分別し、不要なものはまとめて回収します。ハウスクリーニングにも対応しますので、ぜひお問い合わせください。